Cork

頬杖日記

子どもと読んだ絵本、遊び、自分の勉強、そのほか面白い・便利と思ったものを書いています。ボストン在住。

MENU

目指せ1000冊!子どもと一緒に読む英語絵本

先日、図書館で1000 Books Before Kindergartenというプログラムに参加登録しました。

このプログラムは、Kindergartenに入る前に本を1000冊 (1000回)読むことを目標に活動しています。

ecubic.hatenablog.com

 

そして目標継続のため、読んだ本を一冊ずつブログに記録し始めました。

このページで、今まで紹介した本の一覧をまとめていますので、よろしければ是非ご覧ください。

 

*表紙絵をクリックすると、その本のブログ記事に移動します。

    タイトル、作者、出版社、出版年、一言概要 Amazon
1

f:id:ecubic:20200511201654j:plain

Steam Train, Dream Train (英語)
作:Sherri Duskey Rinker/絵: Tom Lichtenheld/Chronicle Books LLC/2013
蒸気機関車がやってきて、いろんな動物達が貨物を積んでいきます。

Amazon

2

f:id:ecubic:20200515213750j:plain

I'M SMART! (英語) 
作:Kate McMullan/絵: Jim McMullan/Balzer + Bray/2017
I'm ○○○シリーズのスクールバスのお話。

Amazon
3

f:id:ecubic:20200517053304j:plain

言葉図鑑 1 うごきのことば (日本語)
五味 太郎/偕成社/1985
五味太郎さんによるイラスト付きで動詞を学べる図鑑絵本。

Amazon
4

f:id:ecubic:20200518070143j:plain

I'M COOL! (英語)
作:Kate McMullan/絵: Jim McMullan/Balzer + Bray/2015
I'm ○○○シリーズの整氷車のお話。

Amazon
5

f:id:ecubic:20200519063112j:plain

しろくろいろいろかくれんぼ (日本語)
いしかわこうじ/ポプラ社/2018
白と黒の動物や食べ物を型抜きしながら見つけていきます。

Amazon
6

f:id:ecubic:20200520042634j:plain

I'M TOUGH! (英語)
作:Kate McMullan/絵: Jim McMullan/Balzer + Bray/2018
I'm ○○○シリーズのピックアップトラックのお話。

Amazon
7

f:id:ecubic:20200521083852j:plain

きょうのえほん(日本語)
いもとようこ/金の星社/2013
くまのぬいぐるみが、おもちゃや野菜に絵本を読みきかせます。

Amazon
8

f:id:ecubic:20200523033603j:plain

Five Little Monkeys Jumping on the Bed (英語)
Eileen Christelow/HMH Books/2017
Five Little Monkeysの歌と一緒に読める絵本です。

Amazon
9

f:id:ecubic:20200524054346j:plain

KIDS' PICTURE SHOW: VEHICLES (英語)
Steve and Chieri DeGregorio/Penguin Workshop/2019
ピクセルアートの車がたくさんです。

Amazon
10

f:id:ecubic:20200525041834j:plain

Goodnight, Goodnight, Construction Site (英語)
作:Sherri Duskey Rinker/絵: Tom Lichtenheld/Chronicle Books LLC/2011
工事現場のはたらく車達が、仕事を終え眠りにつきます。

Amazon
11

f:id:ecubic:20200526055644j:plain

I'M MIGHTY! (英語)
作:Kate McMullan/絵: Jim McMullan/Balzer + Bray/2018
I'm ○○○シリーズのタグボートのお話です。

Amazon
12

f:id:ecubic:20200527174143j:plain

Ultimate Sticker Collection: Disney Pixar Cars (英語)
DK Publishing/2012
ディズニー・ピクサーのシール本です。

Amazon
13

f:id:ecubic:20200528224552j:plain

こどもずかん まち (日英)
よしだじゅんこ/デイブ・テルキ/学研教育出版/2005
日常の生活の中で出てくる言葉を集めたことば図鑑です。

Amazon
14

f:id:ecubic:20200530034507j:plain

I'M FAST! (英語)
作:Kate McMullan/絵: Jim McMullan/Balzer + Bray/2012
I'm ○○○シリーズの貨物列車のお話です。

Amazon
15

f:id:ecubic:20200601173840j:plain

Potty (英語、スペイン語)
Leslie Patricelli/Candlewick Press/2016
トイレトレーニング中の子どもの、おもしろ可愛いお話しです。

Amazon
16

f:id:ecubic:20200603082131j:plain

Thank You Bear (英語)
Greg Foley/Viking Books for Young Readers/2012
小さな箱を見つけたこぐまが、いろんな動物に箱を見せに行きます。

Amazon
17

f:id:ecubic:20200604112313j:plain

Curious George and the Firefighters (英語)
H. A. Rey and Anna Grossnickle Hines/HMH Books for Young Readers/2004
おさるのジョージ、今日は学校の友達に混ざり消防署見学に行きます!

Amazon
18

f:id:ecubic:20200605050942j:plain

The Very Busy Spider (英語)
Eric Carle/Grosset & Dunlap/2006
牧場で巣を作る1匹のクモに、いろいろな動物が話しかけにきます。

Amazon
19

f:id:ecubic:20200606051031j:plain

The Wheels on the Truck (英語)
Scholastic Inc./Children's Press/2012
"Wheels on the bus"のリズムで、いろいろな乗り物が登場します。

Amazon
20

f:id:ecubic:20200609043644j:plain

はらぺこあおむし
エリック・カール(著)/もり ひさし(訳)/偕成社/1976
ブログでは、著者エリック・カールさんの朗読動画を紹介しています。

Amazon
21

f:id:ecubic:20200609044157j:plain

Banana for Two (英語)
Ellen Mayer(著)/Ying-Hwa Hu(絵)/Star Bright Books/2018
お買い物の中、楽しい会話を通して簡単な数字を学びます。

22

f:id:ecubic:20200610055910j:plain

Little Blue Truck (英語)
Alice Schertle(著)/Jill McElmurry(絵)/HMH Books/2015
小さな青いトラックと動物たち、そして大きなダンプカーが出てきます。

Amazon
23

f:id:ecubic:20200611095943j:plain

Ten Little Pirates (英語)
Mike Brownlow/Hachette Kids Orchard Books/2013
小さな海賊達と一緒に、韻を踏みながら10から1へ数えていきます。

Amazon
24

f:id:ecubic:20200612050628j:plain

Will Giraffe Laugh? (英語)
Hilary Leung/Cartwheel Books/2019
ご機嫌ななめのキリンさんを動物達が笑わせようと頑張りますが。。

Amazon
25

f:id:ecubic:20200615054700j:plain

Brown Bear and Friends Little Bear Library (英語)
Bill Martin Jr.(著)/Eric Carle(絵)/Henry Holt and Co./2016
エリック・カールさんイラストの4つのミニ絵本が入ったセットです。

Amazon
26

f:id:ecubic:20200615053233j:plain

Shh! We Have a Plan (英語)
Chris Haughton/Candlewick/2015
帽子をかぶった4人組が鳥を追いかけて森の中を進みます。

Amazon
27

f:id:ecubic:20200616050725j:plain

Click, Clack, Moo Cows That Type (英語)
Doreen Cronin(著)/Betsy Lewin(絵)/Little Simon/2010
牛達がタイプライターを使い、農場主と交渉をし始めます。

Amazon
28

f:id:ecubic:20200617045354j:plain

Curious George Visits the Library (英語)
H. A. Rey and Anna Grossnickle Hines/HMH Books for Young Readers/2013
おさるのジョージ、今日は生まれて初めて図書館を訪れます。

Amazon
29

f:id:ecubic:20200618101420j:plain

Flashing Fire Engines (英語)
Tony Mitton(著)/Ant Parker(絵)/Kingfisher/2017
消防車の出動から消火まで、見応えのある消防車の絵です。

Amazon
30

f:id:ecubic:20200619071336j:plain

Truck Duck (英語)
Michael Rex/G.P. Putnam's Sons Books for Young Readers/2008
動物達が鮮やかな乗り物に乗り込んで登場します。

31

f:id:ecubic:20200621041255j:plain

Ten Twinkly Stars (英語)
Tiger Tales(著)/Russell Julian(絵)/Tiger Tales/2016
星の数が10からカウントダウンしていく下の動物達のお話です。

Amazon
32

f:id:ecubic:20200623003202j:plain

Biscuit Loves the Park (英語)
Alyssa Satin Capucilli(著)/Pat Schories(絵)/HarperCollins/2018
I Can Read!シリーズ、犬のビスケットが公園で遊びます。

Amazon
33

f:id:ecubic:20200624004730j:plain

Biscuit Finds a Friend (英語)
Alyssa Satin Capucilli(著)/Pat Schories(絵)/HarperCollins/2011
I Can Read!シリーズ、犬のビスケットが赤ちゃんアヒルを見つけます。

Amazon
34

f:id:ecubic:20200625032106j:plain

Biscuit Feeds the Pets (英語)
Alyssa Satin Capucilli(著)/Pat Schories(絵)/HarperCollins/2016
I Can Read!シリーズ、犬のビスケットが餌やりのお手伝いをします。

Amazon
35

f:id:ecubic:20200626040423j:plain

Disney Pixar - Cars 3 Look and Find (英語)
Phoenix International Publications/2017
カーズの絵探し絵本。カーズ3の舞台で絵探しをして遊べます。

36

f:id:ecubic:20200629032756j:plain

Dear Zoo (英語)
Rod Campbell/Little Simon/2007
ペットが欲しくて動物園に手紙を書いて、届いた動物は。。!

Amazon
37

f:id:ecubic:20200630114805j:plain

【絵本】Pete the Kitty: Gose to the Doctor (英語)
James Dean/Kimberly Dean/HarperCollins/2019
I Can Read!シリーズ、ネコのピートが病院に行きます。

38

f:id:ecubic:20200701235249j:plain

Pete the Cat: Play Ball! (英語)
James Dean/HarperCollins/2013
I Can Read!シリーズ、ネコのピートが野球の試合に出ます。

Amazon
39

f:id:ecubic:20200703052710j:plain

Pete the Cat: Too Cool for School (英語)
James Dean/HarperCollins/2014
I Can Read!シリーズ、ネコのピートがかっこいい服を考えます。

Amazon
40

f:id:ecubic:20200704213626j:plain

Bigger! Bigger! (英語)
Leslie Patricelli/Candlewick/2018
積み木で大きな大きな建物を作る女の子。そこに遊びに加わったのは?

41

f:id:ecubic:20200707090437j:plain

Little Owl Lost (英語)
Chris Haughton/Candlewick; Brdbk edition/2013
赤ちゃんフクロウが迷子になって、無事お母さんに会えるかな?

Amazon
42

f:id:ecubic:20200708053807j:plain

From Head to Toe (英語)
Eric Carle/HarperFestival/1999
君はこれできる?いろんな動物と一緒に身体を動かしてみよう!

Amazon
43

f:id:ecubic:20200709034308j:plain

Alexander and the Wind-Up Mouse (英語)
Leo Lionni/Scholastic Inc.; Reprint edition/1989
本物のネズミとネジ巻きネズミ、ふたりの友情のお話です。

Amazon
44

f:id:ecubic:20200710053353j:plain

Frederick (英語)
Leo Lionni/Dragonfly Books/1973
せっせと冬支度を進めるネズミ達。ある一匹を除いては。。

Amazon
45

f:id:ecubic:20200711192326j:plain

Dump Truck's Colors (英語)
Sherri Duskey Rinker(著)/Tom Lichtenheld(絵)/Chronicle Books /2018
ダンプカーとコンクリートミキサーといろんな色を見つけます。

Amazon
46

f:id:ecubic:20200715065513j:plain

Giraffes Can't Dance (英語)
Giles Andreae(著)/Guy Parker-Rees (絵)/Scholastic Inc./2012
ダンスが苦手なキリンの元に一匹のコオロギが現れると。。

Amazon
47

f:id:ecubic:20200715181113j:plain

Our Powerful Eyes (英語)
Emily Ka Yi Tam/2020
眼科のお医者さんによる、子ども達の目のおはなし。

Amazon
48

f:id:ecubic:20200716185025p:plain

Good Night Engines (英語)
Denise Dowling Mortensen (著)/Melissa Iwai(絵)/Clarion Books/2003
乗り物がたくさん出てくる、おやすみストーリー。

Amazon
49

f:id:ecubic:20200717184020j:plain

Scaredy Squirrel (英語)
Mélanie Watt/Kids Can Press/2008
こわがりやのリス、木の外には怖いから行かないと言っていたけれど。。

Amazon
50

f:id:ecubic:20200720233334j:plain

Scaredy Squirrel Makes a Friend (英語)
Mélanie Watt/Kids Can Press/2007
こわがりやのリスが友達を作ろうと奮闘します。

Amazon
51

f:id:ecubic:20200722094536j:plain

I Stink! (英語)
Kate McMullan(著)/Jim McMullan(絵)/HarperCollins/2002
I'm 〇〇シリーズのゴミ収集車のおはなし。スティンキー !

Amazon
52

f:id:ecubic:20200724055131j:plain

I'm Dirty! (英語)
Kate McMullan(著)/Jim McMullan(絵)/HarperCollins/2006
I'm 〇〇シリーズのバックホーローダーのおはなし。ダーティー!

Amazon
53

f:id:ecubic:20200728082026j:plain

Big Cat, Little Cat (英語)
Elisha Cooper/Roaring Brook Press/2017
黒猫と白猫。成長、生、死をテーマに扱った絵本です。

Amazon
54

f:id:ecubic:20200729105646j:plain

A new kind of wild (英語)
Zara Gonzalez Hoang/Dial Books/2020
自然豊かな場所で育ったRen、都会で育ったAvaの友情物語。

Amazon
55

f:id:ecubic:20200730161117j:plain

Motor Goose: Rhymes that Go! (英語)
Rebecca Colby(著)/Jef Kaminsky(絵)/Feiwel & Friends/2017
英米で親しまれている童謡を、乗り物の替え歌で歌えます。

Amazon
56

f:id:ecubic:20200731183751j:plain

Goodnight Tractor (英語)
Michelle Robinson(著)/Nick East(絵)/Puffin/2015
車好きに。おやすみ前にぴったりの絵本です。

Amazon
57

f:id:ecubic:20200802103001j:plain

The Snowman and The Snowdog (Step into Reading) (英語)
Raymond Briggs/Random House Books for Young Readers/2015
Step into Readingのスノーマンシリーズです。

Amazon
58

f:id:ecubic:20200807105647j:plain

The Little Red Cat (英語)
Patrick McDonnell/LB Kids/2017
赤い子ネコと一緒に、AからZまでのお話を作ります。

Amazon
59

f:id:ecubic:20200809060820j:plain

Axel the Truck: Field Trip (英語)
J. D. Riley(著)/Brandon Dorman(絵)/Greenwillow Books/2019
I Can Read!シリーズ。モンスタートラックのAxelが牧場で遊びます。

Amazon
60

f:id:ecubic:20200810052741j:plain

Axel the Truck: Speed Track (英語)
J. D. Riley(著)/Brandon Dorman(絵)/Greenwillow Books/2013
I Can Read!シリーズ。モンスタートラックのAxelがレースに出ます。

Amazon
61

f:id:ecubic:20200811104856j:plain

Axel the Truck: Beach Race (英語)
J. D. Riley(著)/Brandon Dorman(絵)/Greenwillow Books/2011
I Can Read!シリーズ。モンスタートラックのAxelがビーチに行きます。

Amazon
62

f:id:ecubic:20200812165837j:plain

Pete With No Pants (英語)
Rowboat Watkins/Chronicle Books/2017
子ゾウのピートがズボンを脱ぎ、色々なものになりきります。

Amazon
63

f:id:ecubic:20200814081206p:plain

Dragons Love Tacos (英語)
Adam Rubin(著)/Daniel Salmieri(絵)/Scholastic/2012
ドラゴンの大好物はタコスをあげて、ドラゴンと友達になれるかな。

Amazon
64

f:id:ecubic:20200816032044j:plain

Daniel Finds a Poem (英語)
Micha Archer/Nancy Paulsen Books/2016
ダニエルと動物達の詩を探すおはなし。

Amazon
65

f:id:ecubic:20200818045819p:plain

The Big Umbrella (英語)
Amy June Bates, Juniper Bates/Paula Wiseman Books/2018
大きな傘の下にはどんな子達が入ってくるかな?

Amazon
66

f:id:ecubic:20200819060953j:plain

Supertruck (英語)
Stephen Savage/Roaring Brook Press/2015
雪の夜、スーパートラックになって街を救うのはどの車でしょう?

Amazon
67

f:id:ecubic:20200820202003j:plain

Will Bear Share? (英語)
Hilary Leung/Cartwheel Books/2018
くまさんはお友達と上手にシェアできるかな?

Amazon
68

f:id:ecubic:20200822032938j:plain

Scaredy Squirrel Goes Camping (英語)
Mélanie Watt/Kids Can Press/2013
こわがりやのリスがキャンプ場に行きます。

Amazon
69

f:id:ecubic:20200824095537j:plain

HIKE (英語)
Pete Oswald/Candlewick/2020
父と子で山登りに出かけます。文字はほぼなく絵のみで語られます。

Amazon
70

f:id:ecubic:20200826233113j:plain

Little Blue and Little Yellow (英語)
Leo Lionni/Roaring Brook Press/2009
カラフルな千切り絵が感情豊かに動きだす。レオ・レオニの絵本初期作。

Amazon
71

f:id:ecubic:20200827192443j:plain

A coler of his own (英語)
Leo Lionni/Knopf Books for Young Readers/2006
自分の色探しをするカメレオンが見つけたものは最高の友達!

Amazon
72

f:id:ecubic:20200830190218j:plain

Lion Lessons (英語)
Jon Agee/Dial Books/2016
ライオンレッスンを受けてみよう。ライオンなるのに大切なものは・・?

Amazon
73

f:id:ecubic:20200901035151p:plain

Something Extraordinary (英語)
Ben Clanton/Simon & Schuster Books for Young Readers/2015
男の子が、あれができたら、これができたらと空想します。

Amazon
74

f:id:ecubic:20200902112840p:plain

Exclamation Mark (英語)
Amy Krouse Rosenthal(著)/Tom Lichtenheld(絵)/Scholastic Press/2013
ビックリマークの自分探し。文字が楽しくノート上に躍ります。

Amazon
75

f:id:ecubic:20200904202320p:plain

I Dream of a Journey (英語)
Akiko Miyakoshi/ Kids Can Press/2020
ホテルのオーナーさんの、旅に恋焦がれるおはなし。

Amazon
76

f:id:ecubic:20200906222215p:plain

Swimmy (英語)
Leo Lionni/ Knopf Books for Young Readers/1963
小さなお魚のスイミー達が、知恵と団結で大きなお魚を追い払います。

Amazon
77

f:id:ecubic:20200907235502p:plain

Square (英語)
Mac Barnett(著)/Jon Klassen(絵)/Candlewick/2018
シカクさんは四角い石を丸く削ろうとしますが・・!

Amazon
78

f:id:ecubic:20200909083652p:plain

20 Big Trucks in the Middle of the Street (英語)
Mark Lee(著)/Kurt Cyrus(絵)/Candlewick/2013
いろいろな車が20台、渋滞で道に列を作って並んでいきます。

Amazon
79

f:id:ecubic:20200913044347p:plain

Three Cheers for Kid McGear! (英語)
Sherri Duskey Rinker(著)/A.G. Ford(絵)/Chronicle Books/2019
お馴染みの車達に、小さいけどポジティブで元気な車が仲間入り!

Amazon
80

f:id:ecubic:20200914034955p:plain

Fire Truck vs. Dragon (英語)
Chris Barton(著)/Shanda McCloskey(絵)/Little, Brown Books for Young Readers/2020
とっても仲良しな消防車とドラゴンのおはなし。

Amazon
81

f:id:ecubic:20200915232902p:plain

Monster Trucks! (Step into Reading) (英語)
Susan E. Goodman(著)/Michael J Doolittle(絵)/Random House Books for Young Readers/2010
モンスタートラックを写真豊富に分かりやすく説明しています。

Amazon
82

f:id:ecubic:20200920205536p:plain

Thingy Things Volume 1 (英語)
Chris Raschka/Knopf Books for Young Readers/2013
4種類の動物それぞれの短編シリーズです。

Amazon
83

f:id:ecubic:20200922105427p:plain

Thingy Things Volume 3 (英語)
Chris Raschka/Knopf Books for Young Readers/2015
4種類の動物それぞれの短編シリーズです。

Amazon
84

f:id:ecubic:20200924005130p:plain

Curious George and the Pizza Party (英語)
H. A. Rey(著)/Margret Rey(絵)/HMH Books for Young Readers/2013
おさるのジョージがピザ作りに挑戦します。

Amazon
85

f:id:ecubic:20200925045134p:plain

Hide and Seek Boston (英語)
Erin Guendelsberger(著)/Mattia Cerato(絵)/Sourcebooks Wonderland/2019
ボストンの観光名所を舞台にした絵探し本です。

Amazon
86

f:id:ecubic:20201002030335p:plain

LIFT (英語)
Minh Lê(著)/Dan Santat(絵)/Little, Brown Books for Young Readers/2020
エレベーターボタンを弟に取られたアイリスはゴミ箱に古いボタンを見つけました。

Amazon
87

f:id:ecubic:20201003013055p:plain

Red: A Crayon's Story (英語)
Michael Hall/Greenwillow Books/2015
"赤"のラベルをつけた青色クレヨンのおはなし。

Amazon
88

f:id:ecubic:20201004194859p:plain

Pete the Kitty's First Day of Preschool (英語)
James Dean & Kimberly Dean/HarperCollins Publishers/2019
子猫のピートが初めての幼稚園に行きます。

Amazon
89

f:id:ecubic:20201005232102p:plain

Tiny T.Rex and the Very Dart Dark (英語)
Jonathan Stutzman(著)/Jay Fleck(絵)/Chronicle Books/2020
恐竜の子ども達が裏庭でキャンプ!暗闇で勇気を出せるかな?

Amazon
90

f:id:ecubic:20201007225537p:plain

Excavator's 123 (英語)
Sherri Duskey Rinker(著)/Ethan Long(絵)/Chronicle Books/2019
Goodnight, Goodnight, Construction Siteの"数"がテーマの絵本です。

Amazon
91

f:id:ecubic:20201009233820j:plain

Ninja Cowboy Bear Presents the Way of the Ninja (英語)
David Bruins(著)/Hilary Leung(絵)/Kids Can Press/2010
忍者、カウボーイ、クマ、3人のお友達のおはなし。

Amazon
92

f:id:ecubic:20201012044337p:plain

Don't Worry, BEE Happy: An Acorn Book (英語)
Ross Burach/Scholastic Inc./2019
2匹のミツバチに、1匹のカエルの愉快な小話3話。

Amazon
93

f:id:ecubic:20201013025942p:plain

Let's BEE Thankful (英語)
Ross Burach/Scholastic Inc./2020
2匹のミツバチに、1匹のカエルの愉快な小話3話。

Amazon
94

f:id:ecubic:20201014061234p:plain

The Bad Seed (英語)
Jory John(著)/Pete Oswald(絵)/HarperCollins/2017
悪いタネの現在、過去、そして更生のおはなし。

Amazon
95

f:id:ecubic:20201015223150p:plain

Mahalia Mouse Goes to College (英語)
John Lithgow(著)/Igor Oleynikov(絵)/Simon & Schuster Books for Young Readers/2007
小さなネズミがひょんなことからハーバード大学で学び出す。

Amazon
96

f:id:ecubic:20201020002218p:plain

Shark vs. Train (英語)
Chris Barton(著)/Tom Lichtenheld(絵)/LB Kids/2015
サメ 対 汽車。どちらが勝かな?!

Amazon

 

 

 

【絵本】Pete the Cat and the Supercool Science Fair (英語)

f:id:ecubic:20201130124848p:plain

対象年齢4歳〜 (米国市場基準)

James Dean & Kimberly Dean (著)/HarperCollins/2019

絵本紹介記事一覧はこちら

 

内容 

次の金曜日が待ちきれない様子のねこのピート

その日は学校でサイエンスフェアがあるのです。

 

ピートの先生は、クラスのみんなにグループを作って実験をするように説明しました。

ピートの班にはキャリー、ガス、そしてスクワールがいます。

 

何を作ろうか。

「潜水艦をつくろう」とキャリー。

「大きな木を育てよう」とスクワール。

「見えないギターを開発しよう」とピート。

「火山を作るのはどう?」とガス。

 

「わーお。火山いいね!」

みんなの意見は火山で一致です。

 

ピートのお家に集まって、みんなで本を見ながら作戦会議です。

本によると、火山に必要なものはノリ、水、新聞紙、絵具、ペットボトル。

そして溶岩は、お酢、重曹、洗剤、それと秘密の粉があればできるみたいです。

 

ピート達は、早速ペットボトルの周りに紙をはって火山を作ります。

そして次に溶岩部分。火山の中心のペットボトルに材料を混ぜて最後にお酢を入れると。。。

 

ぶくぶくぶくぶく!

 

火山の天辺から溶岩が流れでました!

小さな科学者達、サイエンスフェアに向け準備は万端です!

 

サイエンスフェア当日、どの班も素晴らしいものを持って来ました。

瓶の中にできたロックキャンディーやスライム。

 

「僕たちのチームの出番はないかな。。」不安げなとガス。

「心配ないさ。秘密の粉があるじゃないか!」とピート。

 

先生とクラスのみんながピート達の火山に注目する中、キャリーが中にお酢を流し込みました。

 

ぶくぶくぶくぶく!

 

程なくして火山の天辺から溶岩が湧き出ました。キラキラと輝くラメ入りです!

 

ピート達は"Coolest experiment at the science fair"のトロフィーをもらうことができました。

 「実験は難しいけれど、みんなでやればへっちゃらだね!」

 

 

感想

ねこのピートシリーズ。

どんな実験をするのかなと気になって借りてみました。

紹介されていた実験は、身近なものでできて、かつ見た目も楽しそうな実験。

本を読んだ次の日には「本で読んだぶくぶくやってみようか」と自分達でも挑戦してみました:)

混ぜるのが大好きな3歳児は喜んで混ぜ混ぜ。意外と器用に混ぜていきます。

結果は、予想以上にうまくいって大満足の結果でした。 

---------------------------------------------

材料:お酢、重曹、水、台所洗剤、着色用色素 (食紅を使いました)

手順:お酢以外を全て混ぜてから、最後にお酢を投入します。

参考にしたyoutube: 【英語で実験】「重曹と酢」で火山が大噴火!溶岩が流れ出てきた〜! |子ども英会話|おうち英語|バイリンガル育児 #268

 

ペットボトルは大きすぎるので、家にあった小さな容器を使っていました。

ヨーグルトドリンクの容器とか、栄養剤のビンが使い勝手が良さそうです。

---------------------------------------------

Pete the Cat and the Supercool Science Fair (English Edition)
 

 

 

この本のお勧め朗読動画


Kids Books Read Aloud: Pete the Cat and the Supercool Science Fair by Kimberly and James Dean

 

 

関連記事

絵本紹介記事一覧 - 頬杖日記

1,000 Books Before Kindergarten - 頬杖日記

 

【絵本】Circle (英語)

f:id:ecubic:20201128080126j:plain

対象年齢5歳〜 (米国市場基準)

 Mac Barnett(著)/Jon Klassen(絵)/Candlewick/2019

絵本紹介記事一覧はこちら

 

内容 

これはマルさん。

そしてこれは、マルさんの滝。

 

ある日、マルさんとシカクさんとサンカクさんが滝の近くで遊びました。

 

「わたしが目を閉じて10数えるから隠れてね。でも滝の裏には隠れないように。真っ暗だからね」

 

そういってマルさんが数を数え始めます。

 

「1...2...3......10!」

 

マルさんが数え終わって目を開けると、そこにはシカクさんが。。

 

「サンカクさん、滝の裏にいちゃった。」

 

「はぁぁ。わたしが探しに行くわ」

 

マルさんは、ため息を吐きながらいうと滝の裏に入っていきました。

 

滝の裏は、洞窟になっていてシーンと静まりかえっています。

 

「サンカクさーん!サンカクさーん!どこいったのー?」

 

でも、返事はありません。マルさんはもっと奥に進みます。

 

「サンカクさーん!サンカクさーん!どこいったのー?」

 

どんどん奥に行って、周りは完全に真っ暗。マルさんの目だけが見えています。

 

すると。前の方に別の目が現れました。

 

「やっと見つけたサンカクさん!どうしていつもルールを破って台無しにするの?」

 

マルさんが言いますが、何も答えがありません。

 

「なんでいつもそんなに悪い子なの?」

 

それでも答えがありません。

 

「ごめんサンカクさん。言い過ぎたわ。ただ、わたし達はあなたのこととっても心配したの。あなたのこと大好きよ。」

 

「ありがとう!」

 

サンカクさんの声が後ろから響きました。

 

あれ?じゃぁ、目の前にいる目は誰の目?

 

わぁぁぁーー

 

マルさんとサンカクさんは入り口に向かって一目散に走って逃げました。

 

入り口ではシカクさんが待っていました。

 

2人の話を聞いて「僕は行かなくてよかった」とシカクさん。

 

「僕は暗闇はもう懲り懲りだ」とサンカクさん。

 

「もしかしたら、そんなに悪い形じゃなかったのかもしれない。いい形だったかもしれないよ。どんな形だったのかなぁ。」とマルさん。

 

みんな、目を閉じて思い思いの形を思い浮かべました。

 

あなたは、目を閉じたときどんな形を思い浮かべますか?

 

 

感想

息子が大好きなシリーズのマルさんのお話です。

洞窟でサンカクさんを呼ぶシーンでは、自分が読むといって、洞窟内の反響を見事に再現してくれました (大きな声からだんだん小さくなっていく声を繰り返す)。

とても上手だけど、どこで覚えてきたの。それ笑?

黒を基調とした色使いに、それぞれの形に目と手足がついたシンプルなキャラクター。

市場基準は5歳からとなっていますが、2、3歳からでも十分楽しめる絵本です。

Circle

Circle

  • 作者:Barnett, Mac
  • 発売日: 2019/03/05
  • メディア: ハードカバー
 

 

 

この本のお勧め朗読動画


Circle by Mac Barnett - Read Aloud by Heather's Story Time Corner

 

 

関連記事

絵本紹介記事一覧 - 頬杖日記

1,000 Books Before Kindergarten - 頬杖日記

 

海外サイトで英語学習リソースの幅を広げる

f:id:ecubic:20201126203448j:plain

ここ数日授業の課題に追われていて(言い訳)、しばらくぶりの投稿です。

やっと落ち着いたので、またしっかり更新していきたいです。

 

アメリカはホリデーシーズンに入り、2021年がぐんと目前に迫って来た感じがします。

来年への抱負もぽつぽつと頭に浮かんできました。

 

そんな来年の抱負のひとつが英語学習の習慣化と継続です。

そこで、英語勉強で参考にしているサイトやサービスをまとめました。

キーワードはESLです。

 

ESLとは

ESLとはEnglish as a Second Languageの略で、ノンネイティブが英語を学ぶ過程を指します。 

アメリカでは英語を学ぶ機会の多くがESLプログラムで提供されています。

 

例えば、ノンネイティブのお子さんが現地校に入学するときには、ESL教室が最初に案内されます。

また、大人向けにも様々なESLプログラムが提供されており、日常生活や仕事で英語力を延ばしたい方々がそれらの機会を利用して英語を学んでいます。

 

そのため、ESLをキーワードに情報を探すことで、たくさんの英語学習情報を見つけることができます。

 

 

ESL関連の便利情報がまとまったウェブサイト

ESLプログラムのための便利な情報がまとまったウェブサイトを2つ紹介します。

 

ESL用オンライン教材のまとめサイト

英語学習に関するキーワードや法律、勉強に使えるESLサイトがまとめられています。

このページによると、アメリカに住む高校生以下の生徒さんで、ネイティブでない英語学習者の割合は60%にものぼるそうです。さすが移民国家。。

私はこのページで紹介されていた 20-Minute ESL Lessonsを利用しています。

www.accreditedschoolsonline.org  

ESL教室で便利な質問集

どちらかというと指導者向けの内容ですが、会話教室で使える質問集のページです。

日常、人文、テクノロジーなど、幅広い分野の質問が大量に載っています。

別ページでは言葉遊びゲームもたくさん紹介されていて、英会話教室のねた探しに役立つサイトです。

iteslj.org

 

ボストンでESLの教室を探す

アメリカにいる場合、"ESL"で探せば近場のESL教室を見つけられる可能性もあります。

ボストン近郊はとてもたくさんの機会が提供されているので、以下でいくつか挙げてみました。

※紹介しているクラスはコロナの影響でオンライン化あるいは休止しているものもあります。

 

図書館が提供しているクラス (無料)

各図書館では、ボランティアの方々によるESLクラスが提供されています。

初心者向け、上級者向けなどレベルも選べ、図書館によっては子連れOKの教室もあります。

費用は無料。スケジュールは各図書館のホームページで確認できます。

 

教会が提供しているクラス (無料・有料)

教会でもESLの教室を提供しています。

図書館よりもかなり遅い時間にもやっているところもあり、仕事終わりに通っている友人もいました。

費用は無料のところと有料のところがあります。

サンクスギビングデーなどの行事ではお食事を振る舞ってくれる教会もあり、英語だけでなく文化的交流も楽しめるチャンスがあります。

 

大学が提供しているクラス(無料・有料)

パートナーが大学関連施設で働いている場合、その配偶者向けに提供されているESL教室もあります。

 

私立の団体が提供しているクラス (有料)

私立の団体による本格的な英語教室もたくさんあります。

 

 

英単語調べにおもしろいウェブサイト

ESLとは関係ないですが、英単語を調べるのにちょっとおもしろいサイトも紹介します。

 

調べたい単語が載っている辞書を並べてくれるOneLook Dictionary

単語を入力すると、ずらっとその単語が載っている辞書が並びます。

各辞書をクリックすれば、その辞書で調べた単語を確認することができます。

www.onelook.com

 

意味が近い順に類語を並べてくれるThesaurus.com

英単語の類語を探すときにとても便利なサイトです。

意味が近いものは赤色で示され、少し意味が離れるとオレンジ色に示されます。

反義語も同じページに表示されます。

www.thesaurus.com

 

まとめ

ここで紹介したのはほんの一握りですが、ESLという単語をキーワードに、たくさんの英語学習リソースが見つけることができます。

 

日本語が一切ないところが難点ですが、世界中の英語学習者が使っているリソースは、それだけ数も多く、内容や形態もバラエティに富んでいて、使わない手はありません。

 

日本語サイトでなかなか望み通りの英語学習リソースがない場合、海外サイトも探してみることで、自分にぴったりの英語学習方法が見つかるかもしれません。

 

自分にぴったりの英語学習方法を見つけることが継続への第一歩と思いますので、私もこれと決めて、しっかり続けてみたいと思います。

 

 

【絵本】Tiny T.Rex and the Impossible Hug (英語)

f:id:ecubic:20201028030659p:plain

対象年齢3歳〜 (米国市場基準)

Jonathan Stutzman(著)/Jay Fleck(絵)/Chronicle Books/2019

絵本紹介記事一覧はこちら

 

内容 

これは、小さなティラノサウルスのタイニーと、トゲトゲのステゴサウルスのポインティのお話です。

ポインティーと遊びに来たタイニー。でも、今日のポインティは元気がなさそう。

 

タイニーはハグでポインティーを元気付けたいと考えます。

でも、問題が一つありました。

タイニーの腕は短すぎてハグができません。

 

タイニーはどうすれば良いか家族に相談しました。

お父さん「数学で解決できるかも」

おばさん「バランスとキュウリドリンクがキーよ」

お母さん「ハグできなくてもあなたのハートは十分大きいわ」

・・・どれもピンと来ません。

 

お姉さんとお兄さんに相談しました。

「不可能を可能にするには計画と練習あるのみだよ」

 ・・・それだ!

 

タイニーは早速実行に移しました。

どのようにポインティに抱きつくかイメトレし、いろんなモノにハグしてみました。

 

「いい感じだ。最後にあの大きな木をハグしてみよう」

 

ところが、タイニーがハグしたのは木ではなく、プテラノドンの太い脚でした。

タイニーはプテラノドンに抱きついたまま空に浮かび上がります。

 

タイニーはそこから落ちて、落ちて、落ちた先はポインティの頭の上でした。

 

「ポインティ。僕の腕は短くて、僕のハグも小さいけれど、精一杯ハグするからね。だって君は僕の親友だから!」

 

タイニーはポインティにハグをして、ポインティは笑顔でありがとうと答えました。

 

 

感想

小さなティラノサウルスの子どもの絵が可愛らしい絵本です。

確かに、実物のティラノサウルスでも腕が短くてハグは難しそうと読みながら妙に納得しながら読んでいました。

 

 

 

この本のお勧め朗読動画


Tiny T Rex and The Impossible Hug (Read Aloud) | Storytime Dinosaur stories by Jonathan Stutzman

 

 

関連記事

絵本紹介記事一覧 - 頬杖日記

1,000 Books Before Kindergarten - 頬杖日記

 

ハーバードエクステンションスクール|Critical Reading & Writing テスト

f:id:ecubic:20201027105232j:plain

久しぶりに、ハーバードエクステンションスクール関連のことを書きます!

 

現在も1コース取得中ですが、なかなか大変。

授業外課題が多くて、隙間時間を探しては読んだり書いたりしています。

 

やっと秋期中盤に差し掛かったところではありますが、間も無くすると次期コースの登録が始まります。

 

春学期に取得したい授業では、事前にCritical Reading & Writing Skillsのテストを合格しておくことが必要条件となっており、本日これを受けてみました。

 

Test for Critical Writing & Reading Skillsとは

ハーバード大学が提供しているオンラインのミニテストで、文章の読解力とアカデミックライティングの能力をチェックします。

いくつかのコースでは、事前にこのテストを合格しておくことが必要条件になっていて、満たしていないと登録できません。

万が一テストに合格しない場合は、Critical Writing & Readingのコースを取得するように勧められます。

www.extension.harvard.edu

 

テストの受け方

ハーバードのオンラインサービス上から受けることができます。

f:id:ecubic:20200526222524j:plain

 

Online Servicesにログイン後、Placement TestsからTake the Test of Critical Reading and Writingを選びます。

f:id:ecubic:20201027094448p:plain

 

Take the Test of Critical Reading and Writingを選択すると、以下の画面に進みます。

このページで、必要事項を入力後にテストを受けるを選択すると、即座にテストが始まります。

f:id:ecubic:20201027094438p:plain

 

テストの内容

テストの制限時間は1時間です。

テスト内容としては、文章をひとつ読んだ上で、それに関する選択式の問題5問と、エッセイを一つ書くことが求められます。

エッセイでは、課題文章のサマリーとそれに対する自分の意見を経験を交えて書くことが求められます。

 

テストの実施記録

テスト開始を選択後、すぐにテスト画面に移り、タイマーが動きはじめました。

課題文章を読む前に下の方にスクロールすれば、問題を事前確認することができます。

 

課題文章はそこまで長くない印象です。

ただ、ニュース記事等に比べるとやや読みにくく(慣れていない英国英語だったせいかもしれません)、婉曲な言い回しの意味を理解しにくかったです。

 

選択問題は、そのような婉曲な部分について、この言葉は何のことを指しているかという問題がほとんどでした。

 

エッセイは、課題文章のサマリー、自分の立場とそれを補足する理由を3-4パラグラフで書くように指示されます。文字数制限はありません。

エッセイの構成は、TOEFLのWritingで練習した議論の進め方をそのまま利用できました。

TOEFLを受けていた場合は復習しておくと、落ち着いて臨むことができそうです。

また、記入欄上ではスペルチェックもしてくれて、間違っていれば下線で注意されるので、スペルミスも防ぐことができます。

 

時間が終わると同時に回答画面が切り替わり、テストは終了しました。

ちなみに、テスト中はビデオ監視などもなく、他の情報源を見ることが可能でした。

どうしても分からない単語などは、google翻訳で調べるということもできました。

 

最後に

結果は11月明けに発表予定です。

受かっていれば嬉しいですが、どうかしら。

Critical Reading & Writing Skillsのテストは最大2回まで受験可能です。

ただし、1ターム中で1回までしか受けれないので、春期のタイミングでダメだったら次は秋期のタイミングで2回目を受験。という形になります。

取りたい授業がこのテストを必要条件にしていれば、早め早めに受けてしまうことがお勧めです。

 

以上、今後このテストを受ける機会がある方に少しでも参考になれば幸いです。

 

 

【絵本】The Rainbow Fish (英語)

f:id:ecubic:20201023231832p:plain

対象年齢3歳〜 (米国市場基準)

Marcus Pfister(著)/J Alison James(英訳)/NorthSouth Books/1999

絵本紹介記事一覧はこちら

 

内容 

ある海の底に、青、緑、紫、そしてキラキラと光る銀色のウロコを持った美しいお魚がいました。

周りのお魚達も、その美しさにお魚をレインボーフィッシュと呼んでいました。

 

レインボーフィッシュはその美しい姿をとても自慢に思っています。

他のお魚が遊びに誘っても見向きもせず、悠々と泳ぎ去るのみでした。

 

ある日、小さな青いお魚がついてきて言いました。

「レインボーフィッシュ、1枚だけでいいから、その光るウロコをくれないかい?」

 

レインボーフィッシュは怒ってお魚を怒鳴りつけました。

「この僕の特別なウロコをか?君は自分を何だと思っているんだ!あっちいけ!」

 

青いお魚はショックで泳ぎ去ってしまいました。

その話を聞いた他のお魚達も、レインボーフィッシュには近づかなくなり、

レインボーフィッシュは、広い海で1人ぼっちになってしまいました。

 

ある時、ヒトデに勧められたレインボーフィッシュは、聡明なタコの元を訪れます。

タコは「待っていたよ」というと、光るウロコを他の魚にあげるようアドバイスをして穴の奥に消えて行きました。

 

そんなことできるはずないと思ったレインボーフィッシュの元に、また、あの小さな青いお魚が現れます。

「レインボーフィッシュ、怒らないでね、本当に一番小さいのでいいから欲しいんだ」

 

レインボーフィッシュは心が揺らぎましたが、一枚くらいならと銀のウロコを青いお魚にあげました。

 

青いお魚は大喜び。もらったウロコをキラキラ光らせながら泳ぎ回ります。

それを見ていると、今までにない気持ちがレインボーフィッシュの中に湧き上がってきました。

 

すぐに、他のお魚達も集まってきて光るウロコを欲しがりました。

レインボーフィッシュは一枚一枚、ウロコを取って分け与えます。

ウロコをあげるたびに、不思議とレインボーフィッシュも嬉しい気持ちになっていきました。

 

とうとう、レインボーフィッシュの光るウロコは一枚だけになり、代わりに、同じウロコをキラキラとさせるお魚達が、周りに泳ぎ回っていました。

レインボーフィッシュは、我が家に帰ってきたような、幸せな気分です。

 

「行こうよ!レインボーフィッシュ!遊ぼう!」

レインボーフィッシュは嬉しげに他のお魚達に混じって泳いで行きました。

 

 

感想

日本語訳でも"にじいろのさかな"で有名な、キラキラウロコが美しい絵本です。

小さい頃、女子心に嬉々として絵を眺めていたのを覚えています。

今読み直すと、レインボーフィッシュも高慢だけど、周りのお魚達も結構図々しいな。とか思っちゃったりするのですが笑

この本、図書館で借りたのですが、事前予約でうっかり大型本を借りてしまいました。

意図せず借りた大型本でしたが、子どもの頃にも好きだったキラキラを大柄で楽しめて、大型本もやっぱり素敵だなと大満足の絵本でした。

The Rainbow Fish

The Rainbow Fish

  • 作者:Pfister, Marcus
  • 発売日: 2012/07/01
  • メディア: ペーパーバック
 
The Rainbow Fish/Bi:libri - Eng/Japanese PB

The Rainbow Fish/Bi:libri - Eng/Japanese PB

  • 作者:Pfister, Marcus
  • 発売日: 2019/07/16
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

この本のお勧め朗読動画


The Rainbow Fish read by Ernest Borgnine

 

 

関連記事

絵本紹介記事一覧 - 頬杖日記

1,000 Books Before Kindergarten - 頬杖日記

 

【絵本】A Stone Sat Still (英語)

f:id:ecubic:20201021102510p:plain

対象年齢3歳〜 (米国市場基準)

Brendan Wenzel/Chronicle Books/2019

絵本紹介記事一覧はこちら

 

内容 

石がありました。側には水が流れ、草が生え、泥があります。

その石はその場にあるがままに佇んでいました。

 

ある時は黒い影を作り、ある時は月光で白く照らされました。

ある時は、うるさかったり、またある時は、静かだったり。

 

季節によって色も変わりました。

大きな動物には石ころの存在も、小さな存在には丘のような存在でした。

 

石は、自然の一部であると同時に、ある動物の家であり、ある動物にはキッチンになり、また別の動物には目印にもなりました。

 

石は、地獄、天国、お話、歳月を表しました。

石は、島であったり、波であったり、思い出でありました。

 

あなたはそのような場所を知っていますか?

水が流れ、草が生え、泥がある場所に、

ひとつの石がありました。

 

 

感想

何気ない石が視点を変えると、とんでもない可能性の塊に見える。

石の周りに存在する個々のストーリが、時間や自然といった大きな流れを際立たせて感じさせてくれます。

そして、そのストーリーを支える絵がとても素敵です。

後半のページで空高く飛ぶフクロウの下に広がる地表には、動物達のシルエットが隠れており、そんな細かなギミックも含め、絵がとても印象的な絵本でした。

 

 

この本のお勧め動画

公式トレーラーは、全編動画化に課金したくなる美しさです。


A Stone Sat Still by Brendan Wenzel

 

朗読つきのお勧め動画はこちら


A Stone Sat Still by Brendan Wenzel

 

 

関連記事

絵本紹介記事一覧 - 頬杖日記

1,000 Books Before Kindergarten - 頬杖日記