Cork

頬杖日記

子どもと読んだ絵本、遊び、自分の勉強、そのほか面白い・便利と思ったものを書いています。ボストン在住。

MENU

【英語絵本】Bob's blue period

対象年齢4歳〜 (米国市場基準)

Marion Deuchars/Laurence King Publishing/2018

絵本紹介記事一覧はこちら

 

あらすじ

ペンギンのボブとコウモリバットは大親友、いつも一緒です

 

ところがある日、バットが手紙を残してどこかへ行ってしまいました

「ボブへ、しばらくの間行かなきゃいけないんだ 親友のバットより」

 

バットがいなくなってボブは落ち込みます

 

「絵を描いてみたら変わるかも」

しかし、なぜかボブが描く絵はすべて青くなってしまいます

バナナもオレンジも木も肖像画も。。

バットがいなくなった悲しみでボブの世界は全てが青くなってしまったのです

 

これは大変だと、他の仲間たちが夜明けにボブを外に連れ出します。

薄青い中みんなで丘を駆け登ったところでちょうど太陽が登ってきました

「わぁ!誰が描いたんだ!」

鮮やかに色づいた空を見たボブは世界が色に溢れていることを思い出しました

 

疲れと興奮で疲れたボブは家に帰って眠ります

ボブの夢の中も色々な色に溢れています

 

目が覚めた時、ボブは生まれ変わったような気分でした

ボブの目に映る世界は、もう青ばかりではありません

そしてその時、ドアの手紙入れからポストカードが落ちました

ドアを開けるとそこにはバットが!

 

バットが帰ってきた!

他の仲間たちもバットの帰りをお祝いします

ボブの世界は再び色を取り戻したのでした

 

 

感想

思わずピカソの青の時代を連想するタイトルと色。

お話はやはりお友達が突然いなくなって悲しみに暮れるところから始まります。

悲しみに暮れたボブが描く絵は青ばかり。

孤独と不安が伝わってきます。

そんな絶望を抜け出すきっかけをくれたのは、やはり周りの仲間たちでした。

最後は親友のバットも戻ってきて、ハッピーエンドのボブの青い時代でした。

Bob's Blue Period

Bob's Blue Period

  • Laurence King Publishing
Amazon

 

 

この本のお勧め朗読動画


www.youtube.com

 

 

絵本一覧↓

ecubic.hatenablog.com

【英語絵本】A House for Hermit Crab

英語絵本 A House for Hermit Crab by Eric Carle

対象年齢5歳〜 (米国市場基準)

Eric Carle/Simon & Schuster Books for Young Readers/1991

絵本紹介記事一覧はこちら

 

あらすじ

1月「そろそろ引っ越さないとな」

ヤドカリはキチキチになった今のお家を抜けでました

「早いところ新しいお家を見つけないと」

 

2月の初め、ヤドカリは良さげなお家を見つけて入ります

でも色も何もついていなくてなんだか寂しい

 

3月、ヤドカリはイソギンチャクをお家の上に招待しました

 

4月、ヤドカリはヒトデをお家の上に招待しました

 

5月、ヤドカリはサンゴをお家の上に招待しました

 

6月、ヤドカリはカタツムリをお家の上に招待しました

 

7月、ヤドカリはウニをお家の側におきました

 

8月、ヤドカリたちは海藻の森にやってきました

海藻で日が遮られてあたりは薄暗いです

 

9月、ヤドカリと仲間たちはランタン魚の群れに出会いました

「やぁ、明るいね!どなたか私のお家の側にいて明るく照らしてくれないかな?」

 

10月、ヤドカリは綺麗な小石を見つけて、殻の周りに素敵な石垣を作りました

とっても素敵なお家になりました

 

しかし11月、ヤドカリには家が窮屈になってきました

「そろそろ引っ越さないとな、でもみんなと別れたくないな」

 

12月、小さなヤドカリが通り過ぎました

お家探し中のようです

ヤドカリは、小さなヤドカリ言いました

「僕の代わりにここに住んでもいいよ!その代わり友達を大切にすると約束してくれるかい?」

「約束するよ」

 

次の年の1月、ヤドカリは今の家を抜け出ました

家を出ると、海がとても広く感じます

でも、もうちっとも怖くありません

 

大きいけれど味気ない貝を見つけたヤドカリはワクワクするのでした

「スポンジにフジツボに、タコノマクラに、クマノミに、電気ウナギに!

いろんな可能性があるぞ!待ちきれない!」

とね

 

 

感想

ヤドカリの生態がエリック・カールさんの美しいコラージュで描かれています。

このおはなしは、新しい環境へと進む子どもたちへの応援がこもっているそうです。

卒園・卒業・転校などで、作り上げてきた環境を後に新しい場所へ進んでいく。

そこから旅立つことは寂しいけれど、その次に繋がる能力はしっかり備わっている。

そんな心強い応援メッセージを受け取れる絵本でした。

 

 

この本のお勧め朗読動画


www.youtube.com

 

 

絵本一覧↓

ecubic.hatenablog.com

【英語絵本】Just Be Jelly

英語絵本 Just Be Jelly by Maddie Frost

対象年齢4歳〜 (米国市場基準)

Maddie Frost/Little, Brown Books for Young Readers/2021

絵本紹介記事一覧はこちら

 

あらすじ

イワシには、危険から身を守るために守るルールがあります

その数はなんと19000個!

皆で脇目もふらずに一緒に泳ぎ、常に気をつけなければいけません

 

あらら、1匹のイワシが群れから外れてしまいました

「た、たいへんだーー!」

パニックになるイワシの前に現れたのはゆらゆらと泳ぐクラゲ

 

「ちょっと落ち着きなよ、今の君に必要なのはクラゲバイブだよ」

「クラゲ、、なっだって?」

「クラゲバイブだよ! 

リラックスしてー 伸びて 縮んで 体を揺すって 波にまかせてー

「そんなことして、どうやって危険から身を守れるっていうのさ」

 

はたしてその後のイワシはというと、、

クラゲと別れて今度は深海の生物に出会います

再びパニックになるも、クラゲバイブを試したところ?

なぜだかリラックスした気分に!

深海の生物達とも仲良くなれました!!

 

新しい友達の協力を得て群れに合流できたイワシは、ルールの更新を提案します

今までのルール”止まらず、脇目は降らず、知らんぷりして”は全部捨て

こうしましょう”人生ゆったり進み、より道もして、フレンドリーに"

そう、クラゲのようにね!

 

 

感想

危険から身を守るために余裕もなく慌てるイワシに、クラゲがどうぞゆったり落ち着いてとクラゲバイブを伝授します。

クラゲバイブは心を落ち着けるストレッチ。本を置いてやってみても楽しいです。

子どもの学校でもストレッチを混ぜたストーリータイム風景がよく見られます。

本を読んで落ち着いた気分でストレッチをするのは効果が高いのかもしれません😊

Just Be Jelly

Just Be Jelly

Amazon

 

 

絵本一覧↓

ecubic.hatenablog.com

【英語絵本】Robobaby

英語絵本 Robobaby by David Wiesner

対象年齢4歳〜 (米国市場基準)

David Wiesner/Clarion Books/2020

絵本紹介記事一覧はこちら

 

あらすじ

ロボットの女の子カソードのおうちに大きな段ボールが届きました

カソードの兄弟になる赤ちゃんロボです!

 

まずは組み立てから

「昔よりずいぶん複雑だな」と説明書を読むお父さん

「これは私の仕事よ」と組み立て始めるお母さん

しかし、お母さんが組み立てた赤ちゃんロボはすぐにばらっと壊れてしまいました

 

お母さんはメカ好きのおじさんを呼んできます

「私もできるよ」とカソードが言いますが、、

「大丈夫、私に任せなさい」とおじさん

 

おじさんは、説明書はおざなりに、カスタマイズ満載の赤ちゃんを組み立てました

ポチッとスタートボタンを押した途端、ビューンと赤ちゃんが大暴走!!

 

カソードはペットロボと協力して赤ちゃんを捕まえて別の場所に連れて行きました

そして、みんなに見つかる前に手順書通りに赤ちゃんを完成させます!

 

「すごいじゃないかカソード!君は天才だ!」

カソード達を見つけると、みんな口々にカソードを褒めました

 

お祝いやヘルプに来たロボ達が帰って、やっと一息

「今日はエキサイティングな日だったね」とお父さん

。。

とそこへ

ピンポーン♪

「え!ダンボールがもうひとつ?双子!?」

 

 

感想

ロボット一家の元に新しい赤ちゃんロボがやってくるおはなしです。

大人があれこれ言うけれど、一番冷静でしっかりしていたのはお姉ちゃんになるカソードでした。

大人じゃなくったって子どもだって頼りになるよね。という絵本でした。

Robobaby

Robobaby

Amazon

 

 

絵本一覧↓

ecubic.hatenablog.com

【英語絵本】The Octonauts and the Great Ghost Reef

The Octonauts and the Great Ghost Reef by Meomi

対象年齢4歳〜 (米国市場基準)

Meomi/Immedium/2009

絵本紹介記事一覧はこちら

 

あらすじ

オクトノーツの隊員達

サンゴ礁の美しいグレートリーフシティへ休暇にやってきました

 

あれれ、シティについたもののあたりは一面真っ白

カラフルなサンゴはどこにも見当たりません

おまけに奇妙な音やうめき声が聞こえてきて、まるでゴーストタウンのよう

 

これは、何か科学的な理由があるに違いない

オクトノーツ隊員があたりを調べていると、1匹のおじいさん亀に出会います

おじいさん亀の話では、このあたりに住んでいた生き物達はみんな引っ越してしまって、最後に残ったおじいさん亀も引っ越しを考えているところでした

 

オクトノーツは、おじいさん亀の新しい住まい探しを手伝います。

浜辺やマングローブ、沼地を訪れますが、おじいさん亀はどこも納得できません

やはりサンゴ礁をどうにか戻すしかないと、グレートリーフシティへ戻ってきました

 

みんなが戻ってくるとサンゴ礁に残っていたシェリントンが走ってきました

「原因が分かった!高い建物が立ちすぎたのが問題だ!

お日様があたらなくて緑藻が弱り、サンゴも白くなってしまったんだ

サンゴは体の中に緑藻を蓄えて栄養をとったり色がつくらしい」

 

そうとわかればこちらのものです

この事実をみんなに伝えて立ちすぎた建物を壊しました

お日様のあたるようになったサンゴ礁は徐々に色を取り戻し、生き物達も帰ってきました!

 

オクトノーツお手柄です!

なんだかんだ、最高の休暇だったね!

 

感想

ディズニーチャンネルやネットフリックスで配信されている『すすめ!オクトノーツ』の原案絵本です。

息子もテレビで見ていたので「見たやつの絵本だ」と興味津々でした。

可愛らしいペンギンやクマのキャラクターが潜水艦に乗って探検するいかにも子ども向けのアドベンチャー物語ですが、扱うテーマはサンゴ礁の白化現象とリアルです。

白化現象は、サンゴに共生している褐虫藻が失われて、白い骨格のみになる現象です。

どこかで聞いた話であったものの、この絵本をきっかけに調べてみて改めて勉強になりました。

息子とはネットで出てきたサンゴ礁の写真を見ながら、環境問題やポケモン(サニーゴ)の会話をしつつ楽しみました。

 

 

絵本一覧↓

ecubic.hatenablog.com